広中俊雄著作集  7 (法過程・法意識の研究)

広中俊雄 著

本書は、著者の法社会学上の著作のうち、警察研究という特定分野の著作を除く、その意味で一般的な著作を、収めたものである。これらの著作においては、法の生成・変動につらなるものとしての法過程が観察・分析の対象となっているのであるが、法過程と密接な関係に立つ法意識が正面からとりあげられている場合もあるほか、それ以外の場合でも論述に際して法意識という要因が多かれ少なかれ視野に入れられているということを考慮し、書名を『法過程・法意識の研究』とした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 総論
  • 2 紛争処理
  • 3 刑事司法
  • 4 制度の現実的機能
  • 5 権力の不法とその抑制
  • 6 紹介・評論
  • 7 私の法過程研究

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 広中俊雄著作集
著作者等 広中 俊雄
書名ヨミ ヒロナカ トシオ チョサクシュウ
書名別名 法過程・法意識の研究

Hironaka toshio chosakushu
巻冊次 7 (法過程・法意識の研究)
出版元 創文社
刊行年月 2004.2
ページ数 600p
大きさ 22cm
ISBN 4423730677
NCID BA66420984
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20576413
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想