統合広告論 : 実践秩序へのアプローチ

水野由多加 著

本書は、広告というコミュニケーションが新しい価値を持つためのオリジナルの広告研究である。旧来からの枠組みや日常の実践批判を通して、専門として広告を一から考える際、また広告実践においても日々の仕事をカイゼンする際の視点を提起する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 広告の構造
  • 第2章 広告効果(IMC効果論に向けて
  • 購買時点におけるニーズ-生起する購買「モード」という一視点から見る広告効果 ほか)
  • 第3章 広告の計画(広告計画の混乱とアドバタイジング・ブリーフ
  • マーケティング計画とIMC計画 ほか)
  • 第4章 広告表現(広告表現への諸学からの接近
  • 広告表現とインテグレーションモデル)
  • 第5章 広告の社会性(広告の倫理・社会的責任
  • 社会からの広告への規定 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 統合広告論 : 実践秩序へのアプローチ
著作者等 水野 由多加
書名ヨミ トウゴウ コウコク ロン : ジッセン チツジョ エノ アプローチ
書名別名 Togo kokoku ron
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2004.3
ページ数 389p
大きさ 21cm
ISBN 4623039641
NCID BA66403136
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20570934
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想