砕かれた神 : ある復員兵の手記

渡辺清 著

著者はマリアナ、レイテ沖海戦に参加、昭和十九年十月の戦艦武蔵沈没にさいし奇跡的に生還した。復員後、天皇に対する自己の思いを昭和二十年九月から二十一年四月まで、日録の形で披瀝している。限りない信仰と敬愛の念から戦争責任追及へという天皇観の急激な変化。後年わだつみ会の活動を通して持続された志は、いかにして形成されたか。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 砕かれた神 : ある復員兵の手記
著作者等 渡辺 清
書名ヨミ クダカレタ カミ : アル フクインヘイ ノ シュキ
書名別名 Kudakareta kami
シリーズ名 岩波現代文庫 : 社会
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.3
ページ数 344p
大きさ 15cm
ISBN 4006030886
NCID BA66394498
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20577675
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想