リーゼ・マイトナー : 嵐の時代を生き抜いた女性科学者

R.L.サイム 著 ; 米沢富美子 監修 ; 鈴木淑美 訳

「共同研究者」・「ナチズム」・「女性差別思想」によって核分裂発見の栄誉を消された女性科学者の生涯。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 少女時代-ウィーン
  • 出発-ベルリン
  • 第一次世界大戦
  • 前途洋洋-研究所教授となる
  • 実りの時-実験原子物理学
  • かぎ十字のもとで
  • 核分裂発見への旅
  • 亡命
  • ストックホルムの孤独
  • 核分裂の発見
  • 手柄争い
  • 戦火ふたたび
  • もう一つの戦い
  • 抑圧された過去
  • ドイツふたたび
  • 光と影

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リーゼ・マイトナー : 嵐の時代を生き抜いた女性科学者
著作者等 Sime, Ruth Lewin
米沢 富美子
鈴木 淑美
サイム R.L.
書名ヨミ リーゼ マイトナー : アラシ ノ ジダイ オ イキヌイタ ジョセイ カガクシャ
書名別名 Lise Meitner:a life in physics

Rize maitona
出版元 シュプリンガー・フェアラーク東京
刊行年月 2004.3
ページ数 423, 7p
大きさ 22cm
ISBN 4431710779
NCID BA66394079
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20575454
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想