院内感染予防必携ハンドブック

洪愛子 編

新しい感染症が世の中をにぎわす一方で、過去のものと思われていた感染症が新たな問題を投げかけている。このようななかで、医療現場では、患者や自分自身を守るために、これまで以上に感染予防に対する対応が求められている。本書では、臨床看護師ならばこれだけは身につけて欲しい感染予防に対する知識・技術を、ガイドラインに基づき、基礎から臨床ですぐに活用できるものまでわかりやすくまとめた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 感染予防のための基本知識(感染が起こるメカニズム
  • 病院内で感染を起こす微生物について
  • スタンダードプリコーションの考え方
  • 感染経路別予防策の考え方 ほか)
  • 日常ケアと感染予防(血管内カテーテル留置時の感染予防ケア
  • 尿道カテーテル留置時の感染予防ケア
  • 人工呼吸器装着時の感染予防ケア
  • 手術患者の感染予防ケア)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 院内感染予防必携ハンドブック
著作者等 洪 愛子
書名ヨミ インナイ カンセン ヨボウ ヒッケイ ハンドブック : カンゴ ケア ニ イカス チシキ ト ギジュツ
書名別名 看護ケアに生かす知識と技術
シリーズ名 Primary nurse series
出版元 中央法規
刊行年月 2004.3
ページ数 169p
大きさ 26cm
ISBN 4805824352
NCID BA66393881
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20569873
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想