みそひと文字の抒情詩 : 古今和歌集の和歌表現を解きほぐす

小松英雄 著

歌聖と仰がれた藤原定家すら『古今和歌集』の和歌が理解できていなかった。したがってその流れを継承する現今の注釈者にも和歌表現の基本が理解されていないということである。旧著『やまとうた』を全面改稿。奥深く秘められた和歌の"心"にアプローチする方法を、分かりやすく提示。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 和歌表現解析の基礎(『古今和歌集』の評価
  • 複線構造による多重表現
  • 和歌表現解析の基礎
  • 『古今和歌集』のテクスト)
  • 本論 和歌表現の解析(春は来にけり-ひとの心をさぐる
  • うぐひすの鳴くなる声-古典文法による呪縛
  • あづさ弓-変容した枕詞
  • ことならは-注釈を離れて考える ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 みそひと文字の抒情詩 : 古今和歌集の和歌表現を解きほぐす
著作者等 小松 英雄
書名ヨミ ミソヒトモジ ノ ジョジョウシ : コキン ワカシュウ ノ ワカ ヒョウゲン オ トキホグス
書名別名 Misohitomoji no jojoshi
シリーズ名 古今和歌集
出版元 笠間書院
刊行年月 2004.2
ページ数 357, 3p
大きさ 21cm
ISBN 4305702649
NCID BA6638436X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20678934
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想