沖縄列島 : シマの自然と伝統のゆくえ

松井健 編

日本文化の源流として柳田国男や折口信夫の学問的夢想をはぐくみ、今日では独自の音楽を発信し、癒しの場として観光客の押し寄せる沖縄列島は、本土との経済格差に苦しみ、はげしい開発と社会変動を体験してきた。そこに生きる人びとにとって、伝統を、そして、開発と豊かな自然との相克を生きるとはどういうことなのだろうか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 開発とシマの社会変動-沖縄の「今」をみる視座
  • 1部 ソフト・レジスタンス(離島・農村社会の在地リスク回避と開発-宮城島における伝統的土地所有形態の分析
  • 環境的正義の来歴-西表島大富地区における農地開発問題
  • 開発と環境のジレンマ-八重山諸島の最適ツーリズム戦略)
  • 2部 生活の質とマイナー・サブシステンス(マイナー・サブシステンスと環境のハビトゥス化
  • 開発の海に集散する人びと-平安座における漁業の位相とマイナー・サブシステンスの展開)
  • 3部 伝統の再生(開発による伝統の再編と民俗行事の力学-共同性とアイデンティティをめぐるポリティクス
  • 開発による民俗の変容と相克-平安座における墓地移転からみえてくること)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 沖縄列島 : シマの自然と伝統のゆくえ
著作者等 松井 健
書名ヨミ オキナワ レットウ : シマ ノ シゼン ト デントウ ノ ユクエ
書名別名 Okinawa retto
シリーズ名 島の生活世界と開発 3
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2004.3
ページ数 238p
大きさ 22cm
ISBN 4130341731
NCID BA66355951
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20584529
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想