界面電解

加藤二郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第1章 總説 / 1
  • 1 界面電解の定義及び分類 / 1
  • 2 歴史 / 3
  • 3 電氣二重層に關する理論 / 6
  • 4 ζ-電位 / 12
  • 5 電氣二重層の成因に就て / 22
  • 6 粒子の荷電の符號に就て / 24
  • 第2章 電氣滲透の理論 / 26
  • 1 電氣滲透の機構及び基本關係 / 26
  • 2 電氣滲透に影響を及ぼす諸因子 / 29
  • 3 表面電導現象 / 36
  • 4 電氣滲透の實驗法 / 38
  • 第3章 電氣滲透の應用 / 40
  • 1 泥炭の乾燥 / 40
  • 2 ツンドラの脱水 / 43
  • 3 陶土,粘土の脱水 / 43
  • 4 膠状紙料の電氣的抄紙脱水 / 44
  • 5 其の他脱水に於ける應用 / 44
  • 6 電氣鞣皮法 / 45
  • 7 木材の電氣的處理 / 46
  • 8 粘土製品に對する應用 / 48
  • 9 液體の濾過精製 / 49
  • 第4章 電氣泳動の理論 / 50
  • 1 電氣泳動の機構及び基本關係 / 50
  • 2 粒子の大さ,形状の電氣泳動に及ぼす影響 / 51
  • 3 表面電導現象其の他の影響 / 53
  • 4 電氣泳動の實驗法 / 53
  • 5 粒子の易動度 / 62
  • 第5章 電氣泳動の應用 / 64
  • 1 陶土,粘土の精製 / 64
  • 2 電氣選鑛法 / 67
  • 3 ゴムの電着 / 68
  • 4 シェラックの電着 / 72
  • 5 防水布の製造 / 73
  • 6 染色方面に於ける應用 / 74
  • 7 油乳濁液の處理 / 74
  • 8 電氣收塵法 / 75
  • 9 電氣泳動に依る種々の分散系の分離 / 76
  • 第6章 流動電位,移動電位,細隙電解及び電氣限外濾過 / 78
  • 1 流動電位 / 78
  • 2 移動電位 / 81
  • 3 細隙電解 / 82
  • 4 電氣限外濾過 / 83
  • 第7章 電解透析の理論 / 85
  • 1 電解透析の機構 / 85
  • 2 隔膜の作用 / 86
  • 3 隔膜の種類 / 88
  • 4 電解透析の實驗法 / 92
  • 5 電極 / 95
  • 6 電解透析中に伴はれる諸現象及び其の影響 / 95
  • 7 電解透析法の特長並に缺點 / 98
  • 第8章 電解透析の應用 / 101
  • 1 水の精製 / 101
  • 2 糖汁,廢蜜の精製 / 109
  • 3 生化學方面に於ける應用 / 116
  • 4 膠及びゼラチンの精製 / 120
  • 5 寒天の精製 / 121
  • 6 土壤研究に於ける應用 / 122
  • 7 牛乳の處理 / 124
  • 8 食料品の處理 / 126
  • 9 洗滌方面に於ける應用 / 128
  • 10 アルカリ鹽溶液の電解透析 / 133
  • 11 其の他 / 135
  • 綜合文献 / 137
  • 索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 界面電解
著作者等 加藤 二郎
加藤 二郎 -1979 工学
書名ヨミ カイメン デンカイ
出版元 共立社
刊行年月 昭和14
ページ数 137, 4p
大きさ 23cm
NCID BA31105743
BA66346407
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
44018429
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想