ヨーロッパの多言語主義はどこまできたか

『ことばと社会』編集委員会 編

[目次]

  • 欧州言語年からわれわれは何を学ぶか
  • 国際法ならびにヨーロッパにおける少数言語
  • ヨーロッパの少数言語-ウェールズの例から
  • ヨーロッパにおける言語問題
  • EUの拡大と通訳システム
  • コルシカ島(フランス)を事例として-西ヨーロッパ周縁地域の状況
  • 旧ユーゴスラヴィア、セルビア・クロアチア語の分裂におけるヨーロッパの対応
  • EU加盟を目指すエストニアにおける言語法改正とその背景
  • 欧州における主権・人権・言語権
  • 日本語を国連の公用語にという主張について-鈴木孝夫氏への疑問
  • 21世紀ヨーロッパ統合の公用語問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヨーロッパの多言語主義はどこまできたか
著作者等 ことばと社会編集委員会
『ことばと社会』編集委員会
書名ヨミ ヨーロッパ ノ タゲンゴ シュギ ワ ドコマデ キタカ
書名別名 Yoroppa no tagengo shugi wa dokomade kitaka
シリーズ名 ことばと社会別冊 1
出版元 三元社
刊行年月 2004.2
ページ数 180p
大きさ 21cm
ISBN 4883031101
NCID BA66346032
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20674236
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想