アメリカ美術と国吉康雄 : 開拓者の軌跡

山口泰二 著

一九一〇年代のアメリカ。後期印象派、表現主義、フォーヴィズム、キュヴィズムなど、ヨーロッパの最新芸術動向が紹介されるなか、アメリカ美術とは何か、アメリカ的とは何なのかを問い続けたのが、国吉康雄であった。アメリカ人になれなかったアメリカ画家国吉の軌跡を辿り直し、国家とアイデンティティ、美術と政治、芸術家と戦争などの問題を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 破られたポスター
  • 第1章 アメリカへ渡った青年
  • 第2章 孤独からの脱出
  • 第3章 決断と失望
  • 第4章 ネヴァダの大地
  • 第5章 敵性外国人
  • 第6章 少女は伸びやかに
  • 第7章 たたかいと新たな模索

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカ美術と国吉康雄 : 開拓者の軌跡
著作者等 山口 泰二
書名ヨミ アメリカ ビジュツ ト クニヨシ ヤスオ : カイタクシャ ノ キセキ
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2004.3
ページ数 252p
大きさ 19cm
ISBN 414001993X
NCID BA66344536
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20575793
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想