源氏物語の世界

日向一雅 著

源氏物語は恋と愛の物語であり、王権と政治の物語であり、人の生き方と救済を問う物語でもある。千年にわたって読みつがれてきたその魅力の根源をこの物語のもつ多義的かつ多面的な構造に求めながら、冒頭の桐壷巻に仕掛けられた四つの「謎」を手がかりにその世界を読み解いていく。源氏物語は、読者に問いかける物語なのである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 桐壷帝の物語
  • 第2章 「雨夜の品定」と女君の人生
  • 第3章 若き光源氏の恋と挫折
  • 第4章 権勢家への道
  • 第5章 六条院の栄華と恋
  • 第6章 暗転する光源氏の世界
  • 第7章 光源氏の宿命
  • 第8章 薫と宇治の姫君たち
  • 第9章 薫と浮舟の物語

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 源氏物語の世界
著作者等 日向 一雅
書名ヨミ ゲンジ モノガタリ ノ セカイ
書名別名 Genji monogatari no sekai
シリーズ名 源氏物語
岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.3
ページ数 244p
大きさ 18cm
ISBN 4004308836
NCID BA66337905
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20579519
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想