ディジタル著作権 : 二重標準の時代へ

名和小太郎 著

本書は、電子環境の著作権について法律、思想、規範、慣行、技術、システム、ビジネスなど、この事象を理解する上での重要事項を取り上げ解説する。複雑な著作権事情を判りやすく論じた意欲的試みである。第1部においては、著作権の理念、歴史、構造を示す。具体的には、まず、日常語の世界で、著作権がどのように理解されているかを示し、ついで、著作権制度の歴史と構造とを要約し、くわえて古典的・正統的な制度の骨子を紹介する。第2部では、著作権制度がディジタル技術と市場経済によってどのように変質しつつあるか、さらにその保護領域をどのように拡張しているかについて、その入り乱れた状況を整理する。第3部では、技術主導、市場優先の環境のなかで、現行の制度が社会における他の理念とどのように調和/衝突するのかを指摘し、著作権制度の近未来の姿を予測する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 理念・歴史・構造(日常語による定義
  • 著作権制度の歴史
  • 著作権制度:正統派の理解)
  • 2 再構築(囲い込む、囲い込めない
  • 芸術的作品の著作権
  • 機能的作品の著作権 ほか)
  • 3 多元化(ネットワーク上の著作権
  • ビジネス・モデルの変質
  • ユーザー主導の動き ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ディジタル著作権 : 二重標準の時代へ
著作者等 名和 小太郎
書名ヨミ ディジタル チョサクケン : ニジュウ ヒョウジュン ノ ジダイ エ
書名別名 Dijitaru chosakuken
出版元 みすず書房
刊行年月 2004.3
ページ数 276p
大きさ 22cm
ISBN 4622070766
NCID BA6633604X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20575146
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想