伝統と革新 : 日本思想史の探究

石毛忠 編

日本思想史上の伝統思想と革新思想のせめぎ合うさまに各時代ごとに照明をあてた論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 古代(『金光明最勝王経』と道鏡事件
  • 最澄の大乗戒論)
  • 中世(親鸞の悪人正機説と罪業意識
  • 円爾弁円『坐禅論』における「教禅非一致」説
  • 虎関師錬の夢)
  • 近世(織田信長の自己神格化
  • キリシタン史料にみる「天道」について
  • 浅井了意における「鼓吹」の意義)
  • 近代(なぜ『修業立志編』は『福沢全集』に収録されていないのか?
  • 明治後期におけるキリスト教排撃とそれへの対応
  • 「アメリカの国民性」考)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 伝統と革新 : 日本思想史の探究
著作者等 石毛 忠
書名ヨミ デントウ ト カクシン : ニホン シソウシ ノ タンキュウ
書名別名 Dento to kakushin
出版元 ぺりかん社
刊行年月 2004.3
ページ数 311, 2p
大きさ 22cm
ISBN 483151067X
NCID BA66329394
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20571733
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想