よみがえる感染症

竹田美文 著

新しい感染症が日本人の生活を脅かしています。抗生物質の実用化によって制圧されたと思われていた感染症が、新たな局面を迎えています。今ごろ、どうして新しい感染症が出現するのでしょうか。SARS、BSE(変異型クロイツフェルト・ヤコブ病)、O157、エイズ、新型コレラ、ウエストナイル熱、…。感染症の歴史をふり返りながら、次々と出現する感染症の特徴と対策を解説します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 感染症を制圧できたと信じた世紀
  • 1章 新興・再興感染症
  • 2章 感染症対策のための新しい法律
  • 3章 腸炎ビブリオ-半世紀ぶりの新種病原細菌の発見
  • 4章 レジオネラ症-生活の変化がもたらした新興感染症
  • 5章 コレラ-新型コレラ菌の発見
  • 6章 エイズ-人間の悲しい性が生んだ世界流行
  • 7章 病原性大腸菌O157感染症-日本に土着してしまった新興感染症
  • 8章 変異型クロイツフェルト・ヤコブ病-牛海綿状脳症(BSE)発生の恐怖
  • 9章 ウエストナイル熱-蚊が運んできたのか、アフリカのウイルス
  • 10章 重症急性呼吸器症候群(SARS)-野生動物のウイルスが原因か
  • 終章 新しく出現する感染症にどのように対応すればよいのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 よみがえる感染症
著作者等 竹田 美文
書名ヨミ ヨミガエル カンセンショウ
書名別名 Yomigaeru kansensho
シリーズ名 シリーズ健康と食を問い直す生物学
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.3
ページ数 149p
大きさ 19cm
ISBN 4000068644
NCID BA66319801
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20580008
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想