近代群馬の民衆思想 : 経世済民の系譜

高崎経済大学附属産業研究所 編

本書は群馬の近代化の過程においてそれぞれの時代や階層を代表して活動した人や出来事を通して民衆の心の葛藤である思想が構築されていく精神史的状況を探るものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 近代群馬の民衆思想-経世済民の系譜
  • 2 宮口二郎-捧げ尽くした生涯と思想
  • 3 新井領一郎の思想と足跡-日本の「近代化」と「生系直輸出」をめぐる諸思想の交錯のなかで
  • 4 新井紀一における民衆と文学
  • 5 在野の啓蒙家・岡部栄信-「修己治人」「知行合一」の常民思想
  • 6 「生活の発見会」運動と家庭教育の復権-永杉喜輔の家庭教育論の意図するもの
  • 7 高崎線建設に関わる地方の民衆意識-高崎線沿線の鉄道忌避伝承の検討

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代群馬の民衆思想 : 経世済民の系譜
著作者等 久保 千一
千葉 貢
大和田 茂
山崎 益吉
桑島 裕
野口 周一
飯岡 秀夫
高崎経済大学附属産業研究所
書名ヨミ キンダイ グンマ ノ ミンシュウ シソウ : ケイセイ サイミン ノ ケイフ
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2004.2
ページ数 319p
大きさ 22cm
ISBN 4818815748
NCID BA66301602
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20564789
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想