山の文化とともに

斎藤一男 著

信仰・学問・芸術・冒険・スポーツ、かつて未知なる"山"はすべてを包含していた。身近になることで薄れてきた"山"の存在感。アルピニズムの全線を拡大してきた著者が、"山岳文化学会"設立にあたり、次代の岳人にいま一度提示するこれまでの軌跡とこれからの未踏ルート。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 山への接近(山の発見
  • 神仏の山
  • 修験道記 ほか)
  • 第2部 本州中央部(世界の入口
  • 地図と測量
  • 紀行文作家 ほか)
  • 第3部 登山の激動(登山の分化
  • 単独行のひとびと
  • 氷壁への挑戦 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山の文化とともに
著作者等 斎藤 一男
書名ヨミ ヤマ ノ ブンカ ト トモニ
出版元 アテネ書房
刊行年月 2004.3
ページ数 441p
大きさ 22cm
ISBN 487152230X
NCID BA66288650
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20693922
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想