世親

三枝充悳 [著]

「我は存在せず、煩悩と業などによって構成される法のみがある」とした『倶舎論』。また、すべての事物はこころが作りだした表象にすぎない、と主張する唯識論など、仏教理論を完成させた知の巨人の思想と生涯を詳述。アーラヤ識と呼ばれる深層心理を重視し、現代の精神分析をはるか千六百年前に先取りした精緻な唯識学の全体像を、平易に説き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ヴァスバンドゥ(世親)の生涯(『婆薮槃豆伝』
  • ターラナータの伝えるヴァスバンドゥの伝記 ほか)
  • 2 ヴァスバンドゥの思想(『倶舎論』における思想
  • 唯識論書における思想)
  • 3 ヴァスバンドゥの著作(『成業論』
  • 『唯識二十論』 ほか)
  • 4 ヴァスバンドゥ以後(インドにおける発展
  • 中国における発展 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世親
著作者等 三枝 充悳
書名ヨミ セシン
書名別名 Seshin
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2004.3
ページ数 381p
大きさ 15cm
ISBN 406159642X
NCID BA66230901
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20570390
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想