アジアの海の大英帝国 : 19世紀海洋支配の構図

横井勝彦 著

一九世紀中葉、幾多の植民地をもち、世界市場の制覇を狙うイギリスにとって、海外権益の維持・拡充を保証する海洋支配体制の確立は急務であった。その柱となったのは、近代化され、整備された海軍力と造船業、事あるときに「陰の海軍」の役割をも担う海運業である。東アジアの海をも制し得た、大英帝国によるたくみな海洋支配の構造を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 帆船と蒸気船(海洋帝国イギリスの基礎
  • イースト・インディアマンの退場 ほか)
  • 2 アヘン戦争と東インド会社(イギリス海軍史におけるアヘン戦争
  • 広東貿易とアヘン密貿易 ほか)
  • 3 アロー戦争前後の英米海軍(ペリーとエルギン
  • 条約体制下の諸問題 ほか)
  • 4 海洋支配の構造(インド・中国ルートの植民地基地
  • イギリス海軍の再編 ほか)
  • 5 ヴィクトリア時代の軍縮論と軍拡論(平和的自由貿易論者R.コブデン
  • 自由主義的海軍政策 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アジアの海の大英帝国 : 19世紀海洋支配の構図
著作者等 横井 勝彦
書名ヨミ アジア ノ ウミ ノ ダイエイ テイコク : 19セイキ カイヨウ シハイ ノ コウズ
書名別名 Ajia no umi no daiei teikoku
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2004.3
ページ数 311p
大きさ 15cm
ISBN 4061596411
NCID BA66230617
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20570387
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想