論語

孔子 著 ; 加地伸行 全訳注

孔子とその門人の言行録から成る『論語』は私たちの生き方の原点を見つめた思索の宝庫であり、人間性を磨く叡智が凝縮した永遠の古典でもある。読めば読むほど胸に深く沁み込む簡潔な言葉の数々。儒教学の第一人者の意欲的で懇切丁寧な注釈と、孔子が現前し、今にも語り出すかのような臨場感ある現代語訳。『論語』がもつ溢れる魅力と豊かな精神が一段と輝く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 学而 第一
  • 為政 第二
  • 八〓 第三
  • 里仁 第四
  • 公冶長 第五
  • 雍也 第六
  • 述而 第七
  • 泰伯 第八
  • 子罕 第九
  • 郷党 第十〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 論語
著作者等 加地 伸行
孔子
書名ヨミ ロンゴ
シリーズ名 論語
講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2004.3
ページ数 510p
大きさ 15cm
ISBN 4061596403
NCID BA66230479
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20569740
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想