尾崎秀実時評集 : 日中戦争期の東アジア

尾崎秀実 著 ; 米谷匡史 編

日中戦争期に、独自の視点から、アジアにおける日本の置かれた状況と進路に群を抜いた認識を示した尾崎秀実の論考を一冊に編む。危機の時代の明晰な診断・記録。「東亜協同体」論とは何か。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日中開戦前夜の危機(一九三六年末〜三七年前半)(張学良クーデターの意義-支那社会の内部的矛盾の爆発
  • 西安事件以後の新情勢 ほか)
  • 2 日中開戦から長期持久戦へ(一九三七年後半〜三八年)(北支問題の新段階
  • 支那論の貧困と事変の認識 ほか)
  • 3 「東亜新秩序」論と汪精衛和平工作(一九三九年)(「東亜協同体」の理念とその成立の客観的基礎
  • 東亜政局に於ける一時的停滞と新なる発展の予想 ほか)
  • 4 世界戦争への拡大と「大東亜共栄圏」論(一九四〇年〜四一年)(新体制と東亜問題
  • 南方問題と支那問題 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 尾崎秀実時評集 : 日中戦争期の東アジア
著作者等 尾崎 秀実
米谷 匡史
書名ヨミ オザキ ホツミ ジヒョウシュウ : ニッチュウ センソウキ ノ ヒガシアジア
シリーズ名 東洋文庫
出版元 平凡社
刊行年月 2004.3
ページ数 475p
大きさ 18cm
ISBN 4582807240
NCID BA66171595
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20606856
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「東亜新秩序」論と汪精衛和平工作 一九三九年
世界戦争への拡大と「大東亜共栄圏」論 一九四〇年~四一年
日中開戦から長期持久戦へ 一九三七年後半~三八年
日中開戦前夜の危機 一九三六年末~三七年前半
解説 米谷 匡史
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想