少年非行 : 青少年の問題行動を考える

藤岡淳子 ほか著

青少年の問題行動をさまざまな角度から考える。母子コミュニケーション、摂食障害、暴力、薬物非行、ひきこもり、ドメスティック・バイオレンス、地域環境と犯罪など、いま最も関心の高い問題を取り上げ、子どもたちの巣立ちをどのように援助すればよいのか探っていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 対人関係における被害体験と加害行動-自他のバウンダリー(限界)を確認するために
  • 青少年の被害体験と加害行動をめぐって
  • 乳幼児期の母子コミュニケーションからみた両義性と両価性
  • 軽度発達障害のある子どもたちにおける被害体験と加害行為-共生するために尊重されるべき異文化
  • 青少年の手首自傷(リストカット)の意味するもの
  • 摂食障害における「満たされなさ」-星の王子さまとキツネにならって
  • 衝動統制障害としての薬物非行と性非行-愛着と対象関係のつまずきから
  • 女子少年院在院者の性被害経験
  • 激しい暴力を暴発させた少年の心の限りと広がり
  • 殴る男、殴られる女、そして子どもたち
  • ホームレス-その被害体験と加害行動
  • 少年非行の変化
  • 地域で犯罪から子ども達を守るために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 少年非行 : 青少年の問題行動を考える
著作者等 中村 攻
安岡 誉
小林 隆児
小西 聖子
田中 康雄
藤岡 淳子
吉田 里日
大塲 玲子
妹尾 栄一
佐藤 眞理
書名ヨミ ショウネン ヒコウ : セイショウネン ノ モンダイ コウドウ オ カンガエル
シリーズ名 こころのライブラリー 10
出版元 星和書店
刊行年月 2004.2
ページ数 223p
大きさ 19cm
ISBN 4791105281
NCID BA6613492X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20558970
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想