錯覚の世界 : 古典からCG画像まで

ジャック・ニニオ 著 ; 鈴木光太郎, 向井智子 訳

見れば見るほど深みにはまる錯覚の世界。エスプリの利いた解説は読んでたのしく、日本版だけのCG図版も多数収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 錯覚がいっぱい-日常のなかの錯覚
  • 錯覚は古代から-錯覚研究小史
  • 錯覚の陰に錯覚あり-連鎖する錯覚
  • 凸か凹か-錯覚を分類する
  • 白黒が生む色-感覚の限界
  • 隣の芝生-対比と同化
  • 浮動する縞-分離と融合
  • 無から有へ-完結化と創造
  • 逆さの世界に慣れる-順応
  • 月を描く-知覚の恒常性
  • 登る下り坂-基準点
  • 視覚が王様-矛盾と仲裁
  • 神経か経験か-文化と個人差
  • タネも仕掛けも-マジックと錯覚
  • 痛む幻肢-記憶の誤り、心の錯誤
  • 最近の発見-日本語版への付章

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 錯覚の世界 : 古典からCG画像まで
著作者等 Ninio, Jacques
向井 智子
鈴木 光太郎
ニニオ ジャック
書名ヨミ サッカク ノ セカイ : コテン カラ CG ガゾウ マデ
書名別名 La science des illusions

Sakkaku no sekai
出版元 新曜社
刊行年月 2004.2
ページ数 215p
大きさ 24cm
ISBN 4788508885
NCID BA66120390
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20570092
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想