スポーツ生理学の基礎知識 : トレーニング効果をアップする : パフォーマンス向上のための66のエッセンス

チームO2 編

スポーツ選手は誰しも「パフォーマンス向上」のために体を鍛え、苦しい練習に耐えているといっても過言ではない。しかし、ただやみくもに筋トレをすればいいという訳ではないし、単に長い距離を走ればいいというものでもない。より効率よく歩き、走り、跳び、蹴り、投げるためには、そのメカニズムを理解することが大切であり、それがトレーニング効果を上げ、パフォーマンスを向上させるための第一歩であるともいえる。本書は、そのための基礎知識をコンパクトにまとめている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 筋肉の発生と分化-体のエンジン「筋肉」
  • 筋肉の種類-骨格筋、平滑筋、心筋
  • 骨格筋の役割-力を発揮し熱を発生し体を守る
  • 筋線維-直径100μm、筋原線維の重合体
  • 筋線維のタイプ-遅・速両タイプと、その中間のタイプ
  • 筋収縮のエネルギー-生物共通のエネルギー通貨「ATP」
  • 筋収縮のメカニズム-タンパク質のねじれが最初の力を生む
  • 筋弛緩のメカニズム-細胞膜のポンプ機能がCaイオンを回収
  • 筋活動を支える身体器官-筋肉だけでは成り立たない筋活動
  • ATP再生のメカニズム-三つのエネルギー供給機構〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スポーツ生理学の基礎知識 : トレーニング効果をアップする : パフォーマンス向上のための66のエッセンス
著作者等 チームO2
書名ヨミ スポーツ セイリガク ノ キソ チシキ : トレーニング コウカ オ アップスル : パフォーマンス コウジョウ ノ タメノ 66 ノ エッセンス
シリーズ名 からだ読本シリーズ
出版元 山海堂
刊行年月 2004.2
ページ数 189p
大きさ 21cm
ISBN 4381105001
NCID BA66110444
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20543970
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想