フーコーとクイア理論

タムシン・スパーゴ 著 ; 吉村育子 訳

同性愛者に対する侮蔑語だった「クイア」が今、ゲイやレズビアンを自称していた人々によって誇らかに使われている。「規範としての異性愛」に対して厳しく異議を突きつける理論や運動の展開に、フーコーの思想はどう関わってきたのか。われわれのもつジェンダーやアイデンティティの理解を問い直す知の営みの系譜をたどる。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フーコーとクイア理論
著作者等 Spargo, Tamsin
吉村 育子
スパーゴ タムシン
書名ヨミ フーコー ト クイア リロン
書名別名 Foucault and Queer theory
シリーズ名 Postmodern encounters
ポストモダン・ブックス
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.2
ページ数 103p
大きさ 18cm
ISBN 4000270729
NCID BA6608022X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20568671
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想