京都学派の思想 : 種々の像と思想のポテンシャル

大橋良介 編

日本の土壌に根ざした哲学的思索が、欧米での禅への関心と表裏する評価の高まりとともに、日本と西洋の近代精神史におけるその意義があらためて問われている京都学派-戦前の軍部政権から見られた学派像、或いは東アジア諸国から見た学派像ほか種々の像から史的概観を試みた第一部と、科学、技術、美学、教育、言語、歴史、宗教など現代思想の場における京都学派哲学の思想的側面を照らし出す第二部の構成による画期的論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 なぜ、いま「京都学派の思想」なのか
  • 1 種々の「京都学派」像(「京都学派・左派」像
  • 戦中の軍部政権から見られた「京都学派」像
  • 戦後の「京都学派」像-あるいは戦後における「哲学」の不在
  • 欧米の「京都学派」像-哲学、太平洋戦争、「ポスト・ホワイト」世界の形成についての考察 ほか)
  • 2 思想のポテンシャル(科学思想-田辺元の科学哲学
  • 技術思想-西田幾多郎と三木清
  • 美学思想-影像のポイエーシス 西田幾多郎の思索から
  • 教育思想-「ミメーシス」と「うつし」 人間形成論の試み ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 京都学派の思想 : 種々の像と思想のポテンシャル
著作者等 大橋 良介
書名ヨミ キョウト ガクハ ノ シソウ : シュジュ ノ ゾウ ト シソウ ノ ポテンシャル
書名別名 Kyoto gakuha no shiso
出版元 人文書院
刊行年月 2004.2
ページ数 301p
大きさ 20cm
ISBN 4409040634
NCID BA66053952
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20571625
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想