自由民権と近代社会

新井勝紘 編

幅広い地域や人びとを巻き込み、近代史上最大の国民的運動となった自由民権運動。その実像とともに、伝統的民衆社会と近代世界との葛藤にも注目し、新しい時代へのスタートを切った日本社会の多面的な様相を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 自由民権と近代社会
  • 1 "自由""民権"の語り、"議会"の呼びかけ
  • 2 コレラ騒動論-その構図と論理
  • 3 「四民平等」と差別
  • 4 メディアと自由民権-高知県の場合
  • 5 困民党の論理と行動

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自由民権と近代社会
著作者等 今西 一
新井 勝紘
杉山 弘
松岡 僖一
稲田 雅洋
鶴巻 孝雄
書名ヨミ ジユウ ミンケン ト キンダイ シャカイ
シリーズ名 日本の時代史 / 石上英一 ほか企画編集 22
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2004.3
ページ数 278, 13p
大きさ 22cm
ISBN 4642008225
NCID BA6603519X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20571746
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想