授業の知 : 学校と大学の教育革新

梶田正巳 編

教員の内面にある授業の「知」は人さまざま。エキスパート教員はどんな授業をするのか。授業の知は教師や教授の日常の授業体験と不可分に結びついている。授業体験は知の形成や発展に寄与するのか。そして、そもそも授業の知とは何か。本書では授業の知に造詣の深いエキスパートたちが総合的に分析・考察している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 学校と大学の授業の知(学習環境の伝統知
  • 学ぶ人を意欲づける知
  • 「学び方」の知
  • カリキュラム分析の知 ほか)
  • 第2部 授業の知の理論的考察(教育科学の意味
  • 科学知は授業実践とどう関わるか-教育論と経験知のはざまで
  • 授業の知と教育技術
  • 熟練教師の知 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 授業の知 : 学校と大学の教育革新
著作者等 梶田 正巳
書名ヨミ ジュギョウ ノ チ : ガッコウ ト ダイガク ノ キョウイク カクシン
書名別名 Jugyo no chi
シリーズ名 有斐閣選書
出版元 有斐閣
刊行年月 2004.2
ページ数 254, 6p
大きさ 19cm
ISBN 4641280908
NCID BA66001675
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20574073
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想