戦国時代、村と町のかたち

仁木宏 著

武将たちが、合戦を繰り返すなかで、新しい統一国家を築きあげる。その一方で村や町は焼き払われ、民衆は逃げまどうばかり…。戦国時代といえば、そんなイメージが強いかもしれない。だが、それは事実ではない。土豪をリーダーとする村々が「国」をつくり、町が自治都市(「所」)になったのが戦国時代である。そして、こうした村や町の運動が近世社会の基礎となる。京都の郊外、「洛外図屏風」に描かれた世界を舞台に、新しい時代が生み出されてゆくさまを追いかける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「国」と「所」の世界
  • 1 村と町の結びつき
  • 2 村・町の住人の力
  • 3 「国」と「所」の誕生
  • 4 「都市的な場」のかたち
  • 5 「国」・「所」と天下統一
  • 「国」と「所」から描く戦国史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦国時代、村と町のかたち
著作者等 仁木 宏
書名ヨミ センゴク ジダイ ムラ ト マチ ノ カタチ
書名別名 Sengoku jidai mura to machi no katachi
シリーズ名 日本史リブレット 26
出版元 山川出版社
刊行年月 2004.2
ページ数 102p
大きさ 21cm
ISBN 4634542609
NCID BA65979860
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20566277
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想