宗教史の可能性

池上良正 ほか編

宗教について知るうえで「宗教史」は欠かせない。ユダヤ教・ヒンドゥー教・仏教などの個別宗教史と、神話研究、救済史、世俗化論、死と来世観、民衆宗教史といった様々な問題意識・方法による考察が交錯するところに、多彩な宗教史の試みが展開される。歴史と比較を両輪として形づくられてきた宗教史の理論のゆくえを展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 宗教史の可能性 序論
  • 1 宗教史の場所(宗教の中の歴史と歴史の中の宗教
  • 伝承と比較-メソポタミア宗教文書と『旧約聖書』
  • 個別宗教史と地域宗教史-ヒンドゥー教と仏教の歴史を中心として)
  • 2 宗教史の構図(宗教社会学の歴史観
  • 歴史としてのユダヤ教-ユダヤ人であることからくる歴史意識
  • 「神道」からみた近世と近代-社会的文脈におけることばの意味をめぐって)
  • 3 問題としての宗教史(民衆宗教史と仏教
  • 死と宗教-来世観の歴史性と不変性
  • マルクス主義史学と宗教-近代日本における内面なるもの)
  • 読書案内 一神教の成立をめぐって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宗教史の可能性
著作者等 池上 良正
島薗 進
末木 文美士
関 一敏
小田 淑子
書名ヨミ シュウキョウシ ノ カノウセイ
書名別名 Shukyoshi no kanosei
シリーズ名 岩波講座宗教 / 池上良正 ほか編 第3巻
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.2
ページ数 299p
大きさ 22cm
ISBN 4000112333
NCID BA65979383
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20567925
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想