確率的発想法 : 数学を日常に活かす

小島寛之 著

確率の発想さえ身につければ、不確実な状況をうまくコントロールできる。ギャンブルや保険、資産運用など、日常に即しながら確率の基本的な計算方法を数字の苦手な人にもわかりやすく解説し、経済学や金融工学などが確率をいかに利用しているかを紹介。さらに、環境問題などのリスクに確率のテクニックを応用して対処する可能性をさぐる。社会生活に役立つ、異色の数学入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日常の確率(確率は何の役に立つのか
  • 推測のテクニック-フィッシャーからベイズまで
  • リスクの商い
  • 環境のリスクと生命の期待値)
  • 2 確率を社会に活かす(フランク・ナイトの暗闇-足して1にならない確率論
  • ぼくがそれを知っていると、君は知らない-コモン・ノレッジと集団的不可知性
  • 無知のヴェール-ロールズの思想とナイトの不確実性
  • 経験から学び、経験にだまされる-帰納的意思決定)
  • そうであったかもしれない世界-過去に向けて放つ確率論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 確率的発想法 : 数学を日常に活かす
著作者等 小島 寛之
書名ヨミ カクリツテキ ハッソウホウ : スウガク オ ニチジョウ ニ イカス
書名別名 Kakuritsuteki hassoho
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2004.2
ページ数 237p
大きさ 19cm
ISBN 4140019913
NCID BA6597845X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20564968
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想