「精霊の仕業」と「人の仕業」 : ボルネオ島カリス社会における災い解釈と対処法

奥野克巳 著

[目次]

  • 第1章 カリス社会について
  • 第2章 神話・歴史と精霊世界
  • 第3章 病気から死へ
  • 第4章 カタベアアン
  • 第5章 病気治しとしてのバリアン儀礼
  • 第6章 災厄としての狂気
  • 第7章 パルマコンとしての毒薬
  • 第8章 邪術師を暴き出す

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「精霊の仕業」と「人の仕業」 : ボルネオ島カリス社会における災い解釈と対処法
著作者等 奥野 克巳
書名ヨミ セイレイ ノ シワザ ト ヒト ノ シワザ : ボルネオトウ カリス シャカイ ニ オケル ワザワイ カイシャク ト タイショホウ
出版元 春風社
刊行年月 2004.2
ページ数 313p
大きさ 22cm
ISBN 4861100003
NCID BA6591553X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20569173
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想