帝国日本と植民地都市

橋谷弘 著

忘れてはならない負の記憶、植民地支配。日本人とアジアの人々との認識のギャップは、なぜ生まれたのか。旧植民地都市の姿から日本の植民地支配の特徴を浮彫りにし、今日のアジアと日本の問題を考える手がかりを示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アジア都市と帝国-プロローグ
  • 植民地都市の形成(植民地支配の拡大と都市形成
  • 日本による新たな都市形成-第一類型 ほか)
  • 支配の構図-植民地都市の特徴(都市化のプロセス-過剰都市化と都市非公式部門
  • 植民地都市の住民-支配と被支配 ほか)
  • 植民地都市と「近代」(植民地都市の建築
  • 植民地における都市計画 ほか)
  • 無国籍的都市空間の誕生-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 帝国日本と植民地都市
著作者等 橋谷 弘
書名ヨミ テイコク ニホン ト ショクミンチ トシ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 174
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2004.3
ページ数 196p
大きさ 19cm
ISBN 4642055746
NCID BA65890676
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20564037
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想