古事記説話形成の研究

大脇由紀子 著

[目次]

  • 序章 『古事記』説話の形成(『古事記』の文学性
  • 『古事記』と「話素」)
  • 第1章 皇位継承の次第を語る物語と「話素」(天津日高の継承
  • 神武記の構想(一)-神剣の機能 ほか)
  • 第2章 后妃に纏わる物語と「話素」(垂仁記の構想(一)-円野比売命の物語的意味
  • 垂仁記の構想(二)-大后比婆須比売命の物語的意味 ほか)
  • 第3章 繰り返される「話素」とその機能(根国訪問物語の構想-「葦原色許男神」の物語的名義
  • 応神記の構想-秋山之下氷壮夫と春山之霞壮夫 ほか)
  • 終章 『古事記』編述者の構想(『古事記』の個性化
  • 「話素」の提唱)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古事記説話形成の研究
著作者等 大脇 由紀子
書名ヨミ コジキ セツワ ケイセイ ノ ケンキュウ
書名別名 Kojiki setsuwa keisei no kenkyu
シリーズ名 古事記
出版元 おうふう
刊行年月 2004.1
ページ数 311p
大きさ 22cm
ISBN 4273033100
NCID BA65885767
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20668023
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想