検証日朝交渉

高崎宗司 著

拉致問題で暗礁に乗り上げた日朝国交正常化交渉。日本は北朝鮮とどのような交渉を積み重ね、なぜ国交回復は実現しなかったのだろうか。両国の間に横たわる問題とは何か。日本と北朝鮮との関係を冷静に考えるために日朝交渉の歴史を初めて再現する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日朝交渉の歴史的背景(一九四五〜九〇年)
  • 第2章 日朝交渉の始まり(一九九一〜九二年)
  • 第3章 戦争の危機と日本の反応(一九九三〜九四年)
  • 第4章 日朝交渉の停滞とコメ支援(一九九五〜九六年)
  • 第5章 拉致問題の表面化とテポドン事件(一九九七〜九八年)
  • 第6章 「太陽政策」と日朝交渉再開(一九九九〜二〇〇〇年)
  • 第7章 日朝首脳会談(二〇〇一〜〇二年)
  • 第8章 六者協議(二〇〇三年)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 検証日朝交渉
著作者等 高崎 宗司
書名ヨミ ケンショウ ニッチョウ コウショウ
シリーズ名 平凡社新書
出版元 平凡社
刊行年月 2004.2
ページ数 237p
大きさ 18cm
ISBN 4582852130
NCID BA65885621
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20606870
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想