一遍 : 遊行の捨聖

今井雅晴 編

法然の念仏の伝統を受け継ぎ、「南無阿弥陀仏」の名号に意味を見出した一遍。純他力といわれるその念仏信仰を、衣食住と家族のすべてを捨て、全国を遊行して歩く姿に発見。「一遍聖絵」を通して、捨てる思想を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 私の一遍
  • 1 一遍の魅力
  • 2 一遍の生涯-念仏と遊行の聖者
  • 3 念仏が念仏を申す信仰-阿弥陀仏と名号
  • 4 日本全土への遊行と賦算-捨聖と呼ばれた意味・時衆を引き連れた意味
  • 5 踊り念仏の開始と展開-一遍と時衆におけるその意義
  • 6 神祇信仰の重み-神社と寺院
  • 7 絵巻物のなかの一遍-『一遍聖絵』に見る一遍の遊行
  • 8 現代に生きる一遍

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一遍 : 遊行の捨聖
著作者等 今井 雅晴
大橋 俊雄
山田 雄司
林 譲
栗田 勇
若林 晴子
長島 尚道
書名ヨミ イッペン : ユギョウ ノ ステヒジリ
書名別名 Ippen
シリーズ名 日本の名僧 11
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2004.3
ページ数 195p
大きさ 20cm
ISBN 464207855X
NCID BA65878637
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20566245
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想