果てしなき探求 : 知的自伝  上

カール・R.ポパー 著 ; 森博 訳

人文・社会・自然科学の諸領域のみならず政治の世界にも絶大な知的影響を及ぼした哲学者が、自らの思想形成の全貌を明らかにする。上巻では、生まれ育ったウィーンの知的風土、学生生活、職業体験、音楽をめぐる思索、初期の諸研究など、三二歳で認識論と科学哲学の画期的名著『探究の論理』を世に問うまでの知的経験を語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 全知と誤りおかしやすさ
  • 幼年時代の思い出
  • 初期の諸影響
  • 第一次世界大戦
  • 初期の哲学的問題-無限性
  • 私の最初の哲学的失敗-本質主義の問題
  • 本質主義に関する長い余談-今なお私が現代のほとんどの哲学者と意見を異にしている点
  • 決定的な年-マルクス主義、科学、えせ科学
  • 初期の諸研究
  • 第二の余談-独断的思考と批判的思考、帰納を用いぬ学習〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 果てしなき探求 : 知的自伝
著作者等 Popper, Karl Raimund
Popper, Karl Raimund, Sir
森 博
Popper Karl R.
ポパー カール・R.
書名ヨミ ハテシナキ タンキュウ : チテキ ジデン
書名別名 Unended quest

Hateshinaki tankyu
シリーズ名 岩波現代文庫 : 学術
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.2
ページ数 241p
大きさ 15cm
ISBN 4006001177
NCID BA65864020
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20566215
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想