天皇の戦争責任

井上清 著

昭和天皇裕仁の戦争責任は明白である-天皇制の解明が日本社会の本当の民主化へ通ずるという問題意識から研究を進め、信頼できる史料に拠って中国侵略戦争から対米英戦争、敗戦に至る過程での昭和天皇の役割を明らかにし、その実像をリアルに描き出した。この問題を考える際の最も基本となる文献。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 天皇の戦争責任(一九七五)(天皇の権力および権威と戦争責任
  • 国務大臣・内大臣・陸海軍首脳の任免と天皇
  • 内政外交における天皇のイニシアチヴ
  • 天皇裕仁と中国侵略戦争
  • 天皇裕仁が対米英戦を決定した
  • 天皇の戦争指導と降伏における役割
  • 天皇裕仁の戦争責任は明らかである)
  • 『昭和天皇独白録』に見る裕仁天皇(一九九一)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天皇の戦争責任
著作者等 井上 清
書名ヨミ テンノウ ノ センソウ セキニン
書名別名 Tenno no senso sekinin
シリーズ名 井上清史論集 / 井上清 著 4
岩波現代文庫 : 学術 4
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.2
ページ数 325p
大きさ 15cm
ISBN 4006001142
NCID BA6586355X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20566214
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想