世界の民衆宗教

荒木美智雄 編著

現代世界の宗教について考えようとするとき、宗教学を学ぶ者は、数多くの、しかも多様な宗教が生きていることに目を見張らせられる。多様な「霊」の信仰や「シャーマニズム」、ユダヤ教や神道などの「民族宗教」、国家の宗教文明を背景にして台頭してくるジャイナ教やキリスト教や仏教やイスラム教に代表される「創唱宗教」など、その形態は複雑である。一方、宗教として生きているものの多くは民衆の間で支持を得て生きられている宗教、すなわち「民衆宗教」であり、いま世界中でその時代を迎えている。本書は、世界各地の事例を取り上げ、宗教現象を解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 新しいアルカイズムと民衆宗教の時代-新しい宗教的創造の再発見のために
  • 第1部 中央・南・北アメリカ(コンタクト・ゾーンのジャガー・クリスチャン-アメリカ宗教史の隠された物語
  • メキシコ、チアパスのキリスト教-マヤ系カトリック、プロテスタント、サパティスタのある暫定的な地図 ほか)
  • 第2部 日本(苦しむ死者と日本の民衆仏教-仏教説話集を中心に
  • 『山姥』、野性と意味づけの崩壊 ほか)
  • 第3部 アフリカ・オセアニア(日本とナイジェリアにおける古代宗教の比較-神道とヨルバ・オリシャとの対話
  • ズールーのシャーマン、クレド・ムツワ-アフリカのフォーク・レリジオンにおける土着的正統性の捏造と流用 ほか)
  • 第4部 ヨーロッパ(初期バイブル・クリスチャンズの展開と民衆宗教
  • 「天声人語」-民衆における宗教思想の源泉をめぐって ほか)
  • 第5部 現代国家と宗教(現代イスラエル社会における国家と宗教-世俗社会の浸透と根本主義の台頭の狭間で
  • カルト/セクト論争と宗教的ナショナリズム-グローカル化過程におけるナショナル・アイデンティティの追求 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界の民衆宗教
著作者等 荒木 美智雄
書名ヨミ セカイ ノ ミンシュウ シュウキョウ
シリーズ名 Minerva人文・社会科学叢書 89
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2004.1
ページ数 435p
大きさ 22cm
ISBN 4623037797
NCID BA65860518
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20562110
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
『山姥』、野性と意味づけの崩壊 リチャード・ガードナー
アフリカ・オセアニア 荒木 美智雄
アボリジニの神話と歴史 曽野鈴子
カルト/セクト論争と宗教的ナショナリズム 中野毅
コンタクト・ゾーンのジャガー・クリスチャン デイヴィッド・カラスコ
ズールーのシャーマン、クレド・ムツワ デイヴィッド・チデスター
ハウデノサウニ(イロクォイ)の感謝の祈りと私有財産 フィリップ・P.アーノルド
フィリピンにおける近代千年王国論運動と国家について レスリー・E.バウゾン
フィンドホーンの奇蹟 棚次正和
マヤの十字架 笹尾典代
メキシコ、チアパスのキリスト教 リンゼイ・ジョーンズ
ヨーロッパ 荒木 美智雄
中央・南・北アメリカ 荒木 美智雄
偶像崇拝 谷口智子
初期バイブル・クリスチャンズの展開と民衆宗教 山中弘
北米先住民ホピのマーサウを巡る歴史と神話 木村武史
原爆死の宗教的意味 木村勝彦
天声人語 リアナ・トルファシュ
宗教学における民衆宗教の新たな位置づけ ゲイリー・L.エバーソール
島嶼の「風景」と世界像 平良直
新しいアルカイズムと民衆宗教の時代 荒木 美智雄
日本 荒木 美智雄
日本とナイジェリアにおける古代宗教の比較 ジャコブ・K.オルポナ
民衆宗教と民衆仏教 島薗進
現代イスラエル社会における国家と宗教 市川裕
現代国家と宗教 荒木 美智雄
聖なる「家族」の誕生 宮本要太郎
苦しむ死者と日本の民衆仏教 池上良正
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想