志ん朝の落語  6 (騒動勃発)

古今亭志ん朝 著 ; 京須偕充 編

『酢豆腐』の若旦那のヘンチキぶりは天下一品だ。キザばかりでなく、愛嬌があってどことなくユーモラス。先人よりもずっと明朗でふくよかな変態像になっている。得がたい芸風で噺を豊かにふくらませた古今亭志ん朝。文字で味わいつくす落語もいよいよ最終巻「騒動勃発」。小気味よい啖呵冴え渡る「大工調べ」から「高田馬場」まで全十一編を収録。高座写真、遺品のノート、編者解説付。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 大工調べ
  • 酢豆腐
  • お化長屋
  • 二番煎じ
  • 今戸の狐
  • お見立て
  • 三軒長屋
  • 雛鍔
  • 抜け雀
  • 三方一両損
  • 高田馬場

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 志ん朝の落語
著作者等 京須 偕充
古今亭 志ん朝
書名ヨミ シンチョウ ノ ラクゴ
書名別名 騒動勃発
シリーズ名 ちくま文庫
巻冊次 6 (騒動勃発)
出版元 筑摩書房
刊行年月 2004.2
ページ数 447p
大きさ 15cm
ISBN 4480038760
NCID BA6579332X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20559134
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想