ヒトと緑の空間 : かかわりの原構造

品田穣 著

[目次]

  • 自然は人間の役に立つから大切なのか
  • ヒトと自然の原点にもどって探る
  • 発生した自然志向
  • 切実になった自然を求める行動
  • 自然を求める行動の現在
  • 「行楽園」が意味するもの
  • 「ヒト」と「自然」のただならぬ関係
  • 結びついていたヒトと自然
  • 「生態的空間」の概念
  • 「生態的空間」流出先での課題
  • 調整の仕組み「伝統的入会」
  • 都市から流出した「生態的空間」の変遷
  • ムラ空間の変質
  • 新しい共同体成立の基礎
  • 対談 新しい共同体を語る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒトと緑の空間 : かかわりの原構造
著作者等 品田 穣
書名ヨミ ヒト ト ミドリ ノ クウカン : カカワリ ノ ゲンコウゾウ
シリーズ名 Tokai library
出版元 東海大学出版会
刊行年月 2004.2
版表示 [改訂]
ページ数 238p
大きさ 21cm
ISBN 4486016297
NCID BA65792600
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20678946
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想