死体と戦争

下川耿史 著

大量の死体を生みだす戦争。その極限状況を経験した人間が、やすやすと社会へ復帰できるのか?私たちの父や祖父たちが見た戦場の風景は彼らの心の奥底に沈み込みながら、今も日常生活のヒズミのようにポッコリ顔を出す。死体と死に心を奪われた人たちの姿を追うことで、日本人にとっての戦争とエロスの意味を問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 死体を視る(心中遺体鑑識百体の温泉医
  • 腹上死・死に至るまで生の昂揚 ほか)
  • 第2章 死体に触れる(死体化粧チームの頃
  • 刺青の皮を剥ぐ博士 ほか)
  • 第3章 戦争と死体たち(私は戦争で殺されることの礼讃者
  • ある人肉嗜食者の回想 ほか)
  • 第4章 死体志願者たち(千年王国の訪問者たち
  • 死の実験家たち ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死体と戦争
著作者等 下川 耿史
書名ヨミ シタイ ト センソウ
書名別名 Shitai to senso
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2004.2
ページ数 263p
大きさ 15cm
ISBN 448003918X
NCID BA65791958
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20565636
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想