アインシュタイン相対性理論の誕生

安孫子誠也 著

二六歳の若者がなぜ物理学に革命を起こせたのか?論文から講演録、ラブレターまでを読み解きながら、思索の道筋を平易にたどる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ アインシュタイン二六歳、奇跡の年
  • 1章 三大業績への道のり(三大業績とそれ以前の研究との関係
  • 革命的理論へと導いた要因-自伝ノートから ほか)
  • 2章 京都講演「如何にして私は相対性理論を創ったか」(ヴェルトハイマーによるインタビュー
  • 京都講演のテキストと翻訳者 ほか)
  • 3章 相対性理論をめぐる論争(特殊相対性理論はアインシュタインのオリジナルか
  • 武谷三男‐広重徹論争とダリゴルの見解 ほか)
  • 4章 「双子のパラドクス」の真実(宇宙飛行士の寿命は延びるのか
  • 一般相対性理論は不必要か)
  • エピローグ 波乱の後半生

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アインシュタイン相対性理論の誕生
著作者等 安孫子 誠也
書名ヨミ アインシュタイン ソウタイセイ リロン ノ タンジョウ
書名別名 Ainshutain sotaisei riron no tanjo
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2004.2
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 4061497049
NCID BA65791663
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20562222
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想