魔女とカルトのドイツ史

浜本隆志 著

異端狩り、ユダヤ人狩りや魔女狩りの悲劇は、中世から現代にいたるまで、なぜ何度も繰り返されたのか?その真相をカルト発生の観点から読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 中世ドイツの集団妄想症候群
  • 第2章 ハーメルンの「笛吹き男」と子どもたち
  • 第3章 魔女狩りと魔女裁判
  • 第4章 ヒトラー・カルトと集団妄想
  • 第5章 カルト集団の生成メカニズムと連鎖
  • 第6章 ドイツの基層文化とデーモンの噴出

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 魔女とカルトのドイツ史
著作者等 浜本 隆志
書名ヨミ マジョ ト カルト ノ ドイツシ
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2004.2
ページ数 250p
大きさ 18cm
ISBN 4061497057
NCID BA65790059
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20562221
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想