「おたく」の精神史 : 一九八〇年代論

大塚英志 著

ロリコンまんがの誕生、岡田有希子の自死、キャラクター産業の隆盛、都市伝説ブーム、フェミニズムの隘路。現代日本社会の起源を探る試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「おたく」と「新人類」の闘争(「おたく」の誕生
  • 「新人類」とは何であったのか ほか)
  • 第2部 少女フェミニズムとその隘路(岡田有希子と「身体なき」アイドル
  • 黒木香とピンクハウス ほか)
  • 第3部 物語消費の時代(ディズニーランドと現実化する虚構
  • 収集する主体 ほか)
  • 第4部 九〇年代のなかの八〇年代(湾岸戦争と「文学者」たち
  • 漂流する人々 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「おたく」の精神史 : 一九八〇年代論
著作者等 大塚 英志
書名ヨミ オタク ノ セイシンシ : センキュウヒャク ハチジュウネンダイ ロン
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2004.2
ページ数 446p
大きさ 18cm
ISBN 4061497030
NCID BA65789184
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20562225
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想