バイオ研究・開発のためのOracle活用術 : ライフサイエンスにおけるITの可能性

水島洋, 川原弘三, 日本オラクル株式会社ライフサイエンス推進部 共著

ライフサイエンスの研究では、扱うべきデータが加速度的に増加している。こうしたデータの大容量化・高速化の波の中、いよいよRDB(リレーショナル・データベース)の利用が不可欠になってきた。本書は、主に情報技術に携わられる方々を対象に、バイオテクノロジーとバイオテクノロジーにおける情報技術の活用について、実例を交えながら紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 バイオテクノロジーとIT
  • 第2章 ゲノム情報とコンピュータ
  • 第3章 タンパク質情報とコンピュータ
  • 第4章 物質間相互作用とコンピュータ
  • 第5章 バイオ研究の支援
  • 第6章 臨床開発の支援
  • 第7章 ゲノムから新薬、そして医療へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バイオ研究・開発のためのOracle活用術 : ライフサイエンスにおけるITの可能性
著作者等 川原 弘三
日本オラクル株式会社
水島 洋
日本オラクル株式会社ライフサイエンス推進部
日本オラクルライフサイエンス推進部
書名ヨミ バイオ ケンキュウ カイハツ ノ タメノ Oracle カツヨウジュツ : ライフ サイエンス ニ オケル IT ノ カノウセイ
書名別名 Baio kenkyu kaihatsu no tameno Oracle katsuyojutsu
出版元 翔泳社
刊行年月 2004.1
ページ数 287p
大きさ 21cm
ISBN 4798105457
NCID BA6576619X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20555787
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想