人類最高の発明アルファベット

ジョン・マン 著 ; 金原瑞人, 杉田七重 訳

人類のあらゆる話し言葉をわずか二十数個の意味をもたない記号で表すことのできるアルファベット。このすぐれた文字表記システムはいつどこで生まれ、どのように世界にひろまっていったのか。4000年前にエジプトで発明されたアルファベットは、その単純さと柔軟性によってどんな言語にも適応し、自らもより効率的な文字コミュニケーションのかたちへと成長しながら、世界各地の文化形成に大きく貢献した。アルファベットの豊かな発想と伝播の道すじを、興味つきないエピソードで明かす、驚きと発見に満ちた本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 天才の発明
  • 1 絵で表すことの難しさ
  • 2 どこまでも複雑になれる音節文字
  • 3 荒れ野に散らばる文字
  • 4 完璧なアルファベットを探して
  • 5 シナイへ
  • 6 紫染料の地
  • 7 利己的なアルファベット
  • 8 大きな飛躍
  • 9 なぜエトルリア語は途絶えたか
  • 10 文字表記の壁

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人類最高の発明アルファベット
著作者等 Man, John
杉田 七重
金原 瑞人
マン ジョン
書名ヨミ ジンルイ サイコウ ノ ハツメイ アルファベット
書名別名 Alpha beta

Jinrui saiko no hatsumei arufabetto
出版元 晶文社
刊行年月 2004.2
ページ数 332p
大きさ 20cm
ISBN 4794966059
NCID BA65757880
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20555609
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想