現代アメリカ経済思想の起源 : プラグマティズムと制度経済学

高哲男 著

今日「世界標準」になったとも言われるアメリカ経済思想の核心を、進化論、プラグマティズム、制度主義などの潮流の中に探り、自由主義における保守と革新のダイナミズムを軸に、イーリー、ヴェブレン、ミッチェル、コモンズらの制度変革の思想を描きだす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 プラグマティズムと制度経済学の台頭-進化論と新自由主義
  • 第1章 新学派の台頭と新自由主義-アメリカ経済学会の成立と発展
  • 第2章 T.B.ヴェブレンの進化論的経済学
  • 第3章 W.C.ミッチェルと制度経済学
  • 第4章 J.R.コモンズにおける法と制度の経済学
  • 終章 プラグマティズムの経済学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代アメリカ経済思想の起源 : プラグマティズムと制度経済学
著作者等 高 哲男
書名ヨミ ゲンダイ アメリカ ケイザイ シソウ ノ キゲン : プラグマティズム ト セイド ケイザイガク
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 2004.2
ページ数 265p
大きさ 22cm
ISBN 481580477X
NCID BA65734091
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20565882
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想