近代日本の戦争をどう見るか

大日方純夫, 山田朗 編

なぜ戦争なのか、「戦争の時代」=近代を政治・軍事・経済・社会・イデオロギーの各側面から解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論 近代日本の戦争と国民統合
  • 第1章 近代東アジアの国際秩序と帝国日本の形成
  • 第2章 十五年戦争と日本の国家・国民
  • 第3章 植民地支配と戦争体制
  • 第4章 日本経済と戦争-満州事変期を中心として
  • 第5章 近代日本における"軍事力編成"と工業技術
  • 第6章 日本近代の戦争認識と戦没者祭祀-国家と民衆

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代日本の戦争をどう見るか
著作者等 原田 敬一
大日方 純夫
小林 啓治
山田 朗
岡部 牧夫
柳沢 遊
橋谷 弘
書名ヨミ キンダイ ニホン ノ センソウ オ ドウ ミルカ
書名別名 Kindai nihon no senso o do miruka
シリーズ名 講座戦争と現代 3
出版元 大月書店
刊行年月 2004.2
ページ数 319p
大きさ 20cm
ISBN 4272200836
NCID BA65730793
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20567083
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想