ヴァイオリンの巨匠たち

ハラルド・エッゲブレヒト 著 ; シュヴァルツァー節子 訳

どの曲を、誰が、どのように演奏しているのか。二〇世紀の演奏史に残る名演奏家の生涯と、その芸術。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • いったい、ショービジネス?それとも音楽?
  • 神童ブーム再来
  • 先駆者たち
  • スーパーマン
  • 外交官、大使、そして専門家
  • ドイツのヴァイオリン演奏芸術
  • 甘美で炎のような音色
  • 新しい音楽に意欲的に取り組んだ音楽家
  • 野性的でやや妖しさを込めた演奏
  • 王様のひとり〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヴァイオリンの巨匠たち
著作者等 Eggebrecht, Harald
Schwarzer, Setsuko
シュヴァルツァー 節子
エッゲブレヒト ハラルド
書名ヨミ ヴァイオリン ノ キョショウタチ
書名別名 Grosse Geiger
シリーズ名 叢書・20世紀の芸術と文学
出版元 アルファベータ
刊行年月 2004.1
ページ数 366, 14p
大きさ 22cm
ISBN 4871984621
NCID BA65699591
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20559674
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想