国粋主義者の国際認識と国家構想 : 福本日南を中心として

広瀬玲子 著

国粋主義の植民論の全体像に迫る論考!東アジアが再編に向かう過程にあった明治10年代後半から日露戦争までの時期を対象に、福本日南・志賀重昂・杉浦重剛・陸羯南・長沢別天らの国粋主義思想が国際社会のなかで持った意味を解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 課題と方法
  • 第1部 国家構想の形成と展開(「興亜」思想の形成
  • 「興亜」思想の展開
  • 国粋-「勇敢の気象」への着目
  • 海外植民による「海国」日本の発展)
  • 第2部 国家構想の変容(「興亜」思想の動揺
  • 日本をイギリス型国家に
  • 植民論の矮小化)
  • 補論 日本の自立化構想と植民論の展開-稲垣満次郎の場合

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国粋主義者の国際認識と国家構想 : 福本日南を中心として
著作者等 広瀬 玲子
書名ヨミ コクスイ シュギシャ ノ コクサイ ニンシキ ト コッカ コウソウ : フクモト ニチナン オ チュウシン トシテ
書名別名 Kokusui shugisha no kokusai ninshiki to kokka koso
出版元 芙蓉書房
刊行年月 2004.1
ページ数 514p
大きさ 22cm
ISBN 4829503394
NCID BA65633174
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20558223
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想